明日の夕方に、台所に置いた椅子に座って明日にとっての今日にとっての、昨日と今日にむけて書く。

 

昨日へ、飲んでましたので遅くなりましたウイスキーがまだ体に残っていて、むくんじゃってますよ顔が明日の夕方まで、残ったりするアルコールのそれは成分、持ち運んで今日まで、成分として入っている身体の例えばすぐに見ることのできる手を見ても、腕についている手、手の平、手の甲、指先にはささくれ、これはいつか千切れてどこかに置いていくかもしれない、アルコール成分入りのささくれ、なのか、もう酔いが覚めてるかもしれないけど一緒に踊ったりしてたじゃん。

 

今日へ、今朝は起きたらベッドの上が枯れ草だらけになっていたところから始まったけど、これって、

昨日へ、夜通し飲んでたら、

今日へ、さっきまでは真っ黒な窓から見えた隣家の外壁は漆喰仕上げのベージュ色なのに薄明かりの中で淡いブルーなので、寝ていたやつも叩き起こして外に出てみれば空は夜明け、川原にぞろぞろと、春のはじめに生えた草もいくつかはすでに枯れて、生え始めた草と混ざってロマンスグレーみたいな土手はやわらかく、寝転がってるところの写真は携帯に入っている、あははははって笑い声は入ってない。

 

昨日へ、送り忘れた請求書を明日は送らないと受理されないけど、ゆうゆう窓口が開いているのは日曜日の朝9時から、ついでに買おうとするだろう飲むヨーグルト、お会計の時に財布開いたらするだろう小銭の音。

 

今日へ、誰が使ったかわからないグラスに水を入れて飲む、結局飲まなかったのは飲むヨーグルト、いつまでこの水が留まっている身体なのか、その身体を揺らしてもペットボトルのようにチャポチャポと音がするわけではなく、汗をかくほどの運動をすれば筋肉痛は明日にはくるはずなので、待っている間は寝転んで過ごすYouTubeを見るときの姿勢。

 

昨日へ、ちゃんと今朝請求書は送ったので、今日は請求書送るの忘れちゃってたなと思わなくて大丈夫ですよ、今朝送ったら都内なので明日中には到着するので受理されますよ、と書いてみても昨日はあ~あと思って書き残したメモをちゃんと今朝見ましたよ。

 

今日へ、台所に置いた椅子に座っていた夕方も過ぎちゃってもう夜で、眠いけどこれを書いている間と、あなたも読んでいる間は起きているしかないのだけど、

昨日へ、もう酔いは覚めて寝ているのだろうか、と話かけることはできる。